ALL YOU NEED IS KPOP!

【NiziU】特大ヒットは箸で掴む【Chopstick】

ついに11月24日(水)にリリースされるNiziUの1stフルアルバム「U」から、11月11日(木)に各音源サイトでタイトル曲「Chopstick」の先行配信がスタートし、MVが公開されました!


NiziU
(니쥬/ニジュー)
アヤカ/リマ/ミイヒ/ニナ
マユカ/リオ/マコ/マヤ/リク
所属事務所:JYP Entertainment
レーベル
🇰🇷 Dreamus/🇯🇵 EPIC JYP
ファンダム:WithU
HP
InstagramInstagram(メンバー)
TwitterfacebookYouTube
SpotifyLINETikTok

当ブログにNiziUが登場するのは4月7日にリリースされた2ndシングル「Take a picture / Poppin ‘Shakin’」から3月29日にダブルタイトル曲の一つ「Take a picture」のMVが先立って公開された時だったので、おおよそ7ヶ月ぶりです。

【NiziU】連写モード開始【Take a picture / Poppin ‘Shakin’】

記事で取り上げた時点ではもう一つのタイトル曲「Poppin ‘Shakin’」のMVはなかったんですが、CDリリースと同時に公開されています。

その後は「We need U 2021」で予告されていた「NiziU REALITY SHOW」が4月30日から「NiziU Scout」(全10話)というタイトルで公開され、7月5日には「Take a picture」に続きコカ・コーラのテレビCMソングとして放送もされたデジタルシングル「Super Summer」をリリースしています。

ただ一つ残念なのは、「Super Summer」は1分ほどの“イメージムービー”というものがあるだけでMVはなし。なぜだ?忙し過ぎてMV撮ってる暇がなかったのか?アイドルにとってMVというものは最も重要度の高いコンテンツだと思っているので、がっちり作り込まなくても、“イメージムービー”をそのまま曲のフル尺にしてMVとしてくれても良かったのにと思わずにはいられません。

そんな少し残念なことはありつつも、9月19日にはZOZOマリンスタジアム & 舞洲SONIC PARKで開催された「SUPERSONIC 2021」に出演し、デビュー後初めて有観客でのパフォーマンスを披露し、10月20日には「NiziU REALITY SHOW」同様に「We need U 2021」で予告されていた謎の「NIZOO」がグループのメンバーを元にしたOFFICIAL CHARACTERだった事が告知され「Welcome to “NIZOO”」という動画も公開されました。

その他にも広告関連ではフェイスマスク・ALFACE+(オルフェス)のイメージキャラクターに起用されたり、たまごっち誕生25周年の最新機種「たまごっちスマート」のスペシャルサポーターに就任したり、YogiboやKOSE・ViséeのCMに登場したりと、雑誌やタイアップ全てをピックアップしていたらそれだけで記事1本分の分量になるほど相変わらず多方面で大活躍しております。

ただ本業の音楽面においては、デビュー当時の勢いから若干大人しくなってきてしまったかなというのが正直な感想でした。それはMVの再生回数を見ても、今のところプレデビュー曲「Make you happy」が最大のヒットというところが理由の一つとして挙げられます。まぁMVに関しては現時点(10月14日)で「Make you happy」が約2億8千万再生なのに対し、そこから1年近く後に公開された「Poppin ‘Shakin’」が5千万回オーバーなので決して低い数字ではないんですが、一方でオリコンチャートでのCD初動(発売から1週間)販売量はデビューシングル「Step and a step」が311,774枚、2ndシングル「Take a picture / Poppin ‘Shakin’」は317,324枚とほとんど変わらず。これはつまり新規ファンが拡大していないという事になります。
それは楽曲面において、もう少しブーストのかかるような“何か”が足らないような印象も影響している気がします。

しかし、なのです。今回先行公開された「Chopstick」は、その“何か”を補い、更には今後の彼女たちが当初の勢いを取り戻すであろうという予感さえさせる大傑作になっていたと思います。
その“何か”を乏しい語彙力であえて表すのならば、大衆が心惹かれる音楽的な“楽しさ”ではないでしょうか。その中にはこれまで以上にメンバー全員の歌唱力、及びラップスキルが向上した事でグループとしても進化し、楽曲のクオリティを更に底上げした事にも繋がっているように感じました。

「Chopstick」は「The Celebrated Chop Waltz」というクラシック音楽のピアノ曲がサンプリングされ、全編を通して高揚感のある楽曲構成になっています。

過去にはKポップアイドルのレジェンドグループ・H.O.T.の「열맞춰! (Line Up!)」という曲の冒頭にも取り入れられているので、聴き比べて見るのも面白いかもしれません。

そんな「Chopstick」は楽曲自体が過去一好き、というところもありますが、何よりそれに輪をかけて“最高!!”にしてくれたMVPとして挙げたいのが我が推しであるこのお方です。

ラップパートはリマちゃんと共に倍増し、表情から振る舞いまで完璧です。しかもMVの最後は小合さんで締められるというオレ得でしかない最高のエンディング。曲だけでも5億点なのに、小合さんのおかげで+5億点です。

「U」はもちろんのこと、来月発売されるNYLON JAPAN1月号の小合さんソロカバー限定版も予約したし、「Chopstick」を起爆剤として「U」がキャリアハイとなる特大ヒットとなってくれれば言う事なしです。というか、なるでしょう。いや、ならないとおかしいんだ!

後は「We need U 2021」からまだ実現していない「FIRST SHOW CASE」と「FIRST ENGLISH SONG」がいつになるのかという事です。前者はオンラインでも出来たはずですが、今年もあと2ヶ月を切っている事もあり、JYPとしては有観客でやる為に時期をずらす考えなのかもしれません。いや、ただ「U」リリース後、或いは同時に電撃発表する可能性もなきにしもあらず、それは「FIRST ENGLISH SONG」も然りです。

なんにせよ、来年も更なる飛躍が大いに期待出来るNiziUなのです。

最新情報をチェックしよう!