ALL YOU NEED IS KPOP!

【EVERGLOW】宇宙海賊ベイビーフェイス【Pirate】

12月1日、EVERGLOWが 3rdミニアルバムとなる『RETURN OF THE GIRL』をリリース、そのタイトル曲「Pirate」のMVを公開しました!

EVERGLOW
(エバーグロー / 에버글로우)
アシャ オンダ ミア E:U イロン シヒョン
YUE HUA ENTERTAIMENT
Twitter Twitter(STAFF) Instagram(everday) Instagram(公式) Weibo YouTube VLIVE TikTok

【EVERGLOW】変化を告げる、はじめの一歩【FIRST】

EVERGLOWは、前作にあたる3rdシングル『Last Melody』(タイトル曲「FIRST」)で、大きな刷新を図りました。

それまではガールクラッシュジャンルを追求し“復讐”などをコンセプトにした、いわゆるダークヒーロー、ヴィラン的な存在でした。しかしながら前作『Last Melody』では“未来の女戦士”がテーマとなり「世界中の闇に対抗する希望の光を発見し、新しい世界の始まりを開く」という属性的な変化が訪れました。

しかも、そのタイミングでリーダーがE.U→シヒョンへとバトンタッチされ、私はそれを同事務所Yue Huaに所属する元IZ*ONEチェ・イェナ合流への布石だと予想していました。ただどうやらそれは違ったようで、その後イェナ自身にもソロ・デビューの噂があり、現在も合流していないことから、その説はハズレだったようです。

隠から陽へのイメージの転身を図ったEVERGLOWは、8月25日に世界的な国際慈善団体UNICEFのキャンペーンソングとして「PROMISE」を公開しました。平和のメッセージを歌う姿には違和感もありますが、もしかしたらこれも以前のイメージのままでは成立しなかった話かもしれません。

それと同時に、これまでのタイトル曲MVの再生回数が全て(前作「FIRST」(12/4現在:7700万再生)を除き)1億回を超えているEVERGLOWのグローバルグループとしての凄さを物語るものであり、イェナという起爆剤を必要としない規模のグループだということの証明なのかもしれません。

《Track List》

本作でもグローバルヒットが期待される『RETURN OF THE GIRL』は、MARVELコミックスを原作とした映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』をモチーフにしており、“宇宙海賊”がコンセプトとなっています。宇宙海賊とだけ聞くと元々のイメージであるダークヒーロ感は否めませんが、映画でも“名手配されていたお尋ね者5名で結成されたヒーローチーム”が主人公となっており、その真っ当ではないがベイビーフェイス(善玉)であるという立ち位置は、EVERGLOWの歴史を踏まえると非常にマッチしたコンセプトのように思えます。

そのコンセプトをストレートに表現したタイトル曲「Pirate」は、ダイナミックなメロディの変化と構成が印象的なナンバーで、眼前でフェスティバルが行われているような感覚を覚える軽快なサウンドが魅力的な曲です。歌詞では「A Pirate Yeah Yeah」と繰り返されるサビが特徴的で、ミア曰く、そのサビで腰を振る“小生意気な海賊ダンス”がポイントダンスだそうです。aespaの「Next Level」も担当した振り付けチームLACHICAがその振りを手がけています。アルバム紹介には「新しい世界への航海を通じて、常に変身を繰り返してきたEVERGLOWの新たな魅力を披露する」という意気込みが記載されています。

他に、温もりを感じられるボーカル曲「Back Together」、タイトル曲に続くような強烈なサウンドにポジティブなエネルギーを込めた「Don’t Speak」、童話“ふしぎの国のアリス”の中のウサギを探すメンバーたちの姿を、それぞれ違う角度で表現した歌詞が魅力的な「Nighty Night」、同僚または会社という意味の単語をEVERGLOW風に解釈・表現した「Company」まで、5曲が収録されています。

EVERGLOWの最大のヒット作はタイトル曲「DUN DUN」の再生数が2億3千万回超えている1stミニアルバム『REMINISCENCE』になります。その後の2ndミニアルバム『-77.82X-78.29』、3rdミニアルバム『Last Melody』は初動の売り上げは更新しているものの、右肩上がりのヒットにはなっていません。

『RETURN OF THE GIRL』も、それなりに好調なスタートを切ってはいるものの、ストリーミングの成績やアルバムセールス、MV再生回数など、これまでと比べて明らかにヒットしているという印象ではありません。それでもそれなりの数字を残すのもEVERGLOWではありますが。

EVERGLOWはリリース記念のショーケースで、抱負として「音楽番組で1位になりたい」と語りました。同日デビューの大型新人IVEや、30日リリースのEXOのカイ、24日リリースのMAMAMOOのファサなど、ライバルを見るとそう簡単には行かなそうですが、荒波を乗り越えるのも“Pirate(海賊)”たる所以かな、ということで、なんとか音楽番組1位という、お宝を掘り当てて欲しいものです。

最新情報をチェックしよう!