ALL YOU NEED IS KPOP!

【OH MY GIRL】寝ても覚めても【Shark】

いやー、しまったー

油断してたー

という事で、2021年12月23日(木)にOH MY GIRL (오마이걸/オーマイガール)がKポップグローバルファンダムプラットフォーム・UNIVERSEからデジタルシングルSharkをリリースしました!

OH MY GIRL
(오마이걸/オーマイガール)
ジホ/アリン/ミミ/ユア/ヒョジョン/スンヒ/ビニ
所属事務所:WM Entertainment
レーベル:Sony Music
ファンダム:MIRACLE(미라클/ミラクル)
HP / InstagramYouTube
Twitter①Twitter②facebookVLIVE
HP(JP) / YouTube(JP)Twitter(JP)

Shark」は前記の通りUNIVERSEからリリースされた曲なのでカムバ活動などはありませんが、本国での楽曲リリースは2021年5月10日の8thミニアルバム「Dear OHMYGIRL(「タイトル曲「Dun Dun Dance」)」以来約7か月ぶりという事になります。

【OH MY GIRL】愛しの愛しのOMG【Dun Dun Dance】

しかしこの記事を書いているのは2022年1月12日。リリースから3週間ほど経っています。私はMIRACLE(OH MY GIRLのファンダム)でありますからして、過去にいくつものオマゴル記事をアップしてきた訳ですが、これほど期間を空けて紹介するのは初めてです。

理由は一つ。冒頭に書いた通り完全に油断、いや、正確を記せばうっかりです。

いや、っていうかですね、一つ言い訳をさせてもらうとUNIVERSEでリリースされる楽曲はApple Musicなどのサブスクで配信されますが、MVのフル尺はUNIVERSEのアプリのみで、YouTubeではショートバージョンしか観れなかったのです。なのでこの「Shark」も「ショートバージョンだもんなぁ」と思っていたら、なんとリリースから5日後の12月28日にMVが公開。「え、え…?」となってる間に年末年始に突入し、ぐったりしてたら仕事も始まり今に至るという訳です。

まぁ過去にもUNIVERSEでリリースされた(G)I-DLEの「Last Dance」とかショートバージョンのMVを貼り付けた記事を書いてはいるんですが…はい、言い訳になってませんね。オマゴルがすっぽり抜けていました。MIRACLE失格です。

とはいえUNIVERSEもアプリのみでMVフル尺公開というのが不評だったのか、昨年の12月に入ってからは1年近く前の「IZ*ONE/D-D-DANCE」とか急にYouTubeにアップしだしたりして、混乱するわっていう話ですよ。という事で、全てUNIVERSEが悪いのです。アプリ重いし、使い勝手悪いし。

そんな訳で気を取り直していくと、12月29日にはNEXONが開発したオンラインレースゲーム・KARTRIDERとLINE FRIENDSのコラボOSTにヒョジョンとユア、ジホの3人が参加した「Say It To Me」という曲もリリースしています。

ここ日本では9月22日にJapan 2ndシングル「Dun Dun Dance Japanese Version」がリリースされ、先立って配信されていた同曲のスペシャルクリップが公開されたり、「CDTVライブ!ライブ!4時間スペシャル」に出演したり、タワレコ渋谷ではポップアップストアなども展開されておりました。

更に2021年のオマゴルは1月9日のGolden Disc Awardsで「살짝 설렜어 (Nonstop)」がデジタル音源本賞を受賞したのを皮切りに、各授賞式で過去最高となる8つの賞を獲得し、年明けの1月8日には再びGolden Disc Awardsで「Dun Dun Dance」がデジタル音源本賞を受賞と2020年に続き日韓で大活躍の年だったのです。

1月9日 Golden Disc Awards デジタル音源本賞
1月13日 GAONCHART MUSIC AWARDS 今年の歌手賞(デジタル音源部門)4月
1月31日 SEOUL MUSIC AWARDS 本賞
4月27日 Brand Customer Loyalty Award 女性アイドル
9月16日 2021NEWSIS K -EXPO 国会文化体育観光委員長賞
10月2日 THE FACT MUSIC AWARDS 今年のアーティスト
10月28日 大韓民国大衆文化芸術賞 化体育観光部長官表彰
12月26日 FIRST BRAND AWARDS 女性アイドル

しかしここで再び申し訳ない。というのも先にも書いた通り、私はMIRACLEです。2018年にこのブログが開始されて以降、カムバやコンサート、その他も含めて記事に“OH MY GIRL”とタグ付けされたものは毎年10本以上あったのです。しかし2021年はなんと僅か2本。2020年同様に来日は叶いませんでしたし、日韓合わせて音源リリースが少なかった年とはいえ2本…。別段意識していた訳ではなかったんですが、こうやって振り返ってみると、ものすごく彼女たちを疎かにしていたような気がして反省の極みなのです。ポップアップストアすら足を運べなかったし。

しかも4月にはオマゴルがデビューから満7年を迎えるというドキドキの年です。すでに昨年の10月にヒョジョン、ユア、スンヒ、ビニ、アリンが新たに3年契約を締結しているとはいえ、大事な時期である事に違いはありません。なので今年は改めて気を引き締め直して、寝ても覚めてもオマゴルとなるようにすると、ここに誓います。「Sharkさめ」だけに。

だから頼むよミミ、ジホ!

7人全員再契約の吉報待ってるぜ!!

最新情報をチェックしよう!