ALL YOU NEED IS KPOP!

【fromis_9】本領発揮のオールドルーキー【DM】

1月17日、fromis_9が4thミニアルバムMidnight Guestをリリース、タイトル曲「DM」MVを公開しました!

fromis_9
(プロミスナイン / 프로미스나인)
ギュリ チェヨン ソヨン セロム ジホン
ナギョン ジソン ハヨン ジウォン
PLEDIS Entertaiment
fromis_9 OFFICIAL WEB SITE(JP)
Instagram
Twitter  Twitter(JP)
Facebook
Official fromis_9   Official fromis_9 JP
VLIVE
TikTok(KR) TikTok(CH)

【fromis_9】プレディスと2週間についてもっともっと喋ろう!!【Talk & Talk】

我らがfromis_9のラストカムバックは、つい先日全然さかのぼらなくていい2021年9月1日のスペシャルシングル『Talk & Talk』ということで、なんと3ヶ月半ぶりということになります!

この高速カムバックはflover(ファン)にとって最も待ち望まれていたことで、ポテンシャルマックスのfromis_9にとって唯一欠けているモノでした。ビジュアル最強で楽曲も可愛く、パフォーマンス無双を誇るfromis_9にとって不足していたのは“定期的な活動”これに尽きます。と、少なくともfloverは、そう思ってます。

それが不可能だった理由と、可能になった経緯は上記の『Talk & Talk』の記事に詳細があるのでご覧いただければと思います。読むのめんどくせーよって人に簡単にいうと、fromis_9はこのMidnight Guestが超優秀企業HYBE傘下のPLEDISという事務所に移籍してから2作目ということです。

fromis_9は、その『Talk & Talk』で音楽番組初の1位を獲得し、移籍1作目で長年の夢をいきなり達成してしまいます。

年末にはアメリカ・ビルボードの「評論家が選んだ2021年のベストK-POPソング25曲(25 Best K-Pop Songs of 2021:Critics’Picks)」に、『Talk & Talk』の前作である2ndシングルアルバム『9 WAY TICKET』のタイトル曲「WE GO」が選ばれるなど、「あれまぁプロミってすごいグループなんじゃね?」と思わせる追い風が吹き荒れます。

年末年始もたくさんのコンサートに出演し、それを証明してきましたし、つまりは今ノリに乗っているヨジャグルがカムバしましたよーって話です。

しかも前回は1曲のみのシングルで限定版で少量生産のみと突貫工事のプレハブ感もありましたが、今回はしっかりミニアルバムということで更なる期待が高まっちゃうぞい!ということです。

今回の4thミニアルバム『Midnight Guest』は、夜明けに脱出したfromis_9が、退屈な夜を過ごしている人々のところへサプライズ訪問して“ときめき”を届けるアルバムで「うっとりする深夜デート」がテーマとなっています。

収録は夢幻的なギターサウンドと感性的なシンセベースサウンドのR&Bダンス曲「Escape Room」、叙情的なピアノの演奏に美しいメロディーを加えたポップバラード曲「Love is Around」ジウォンソヨンが作詞作曲に参加したアコースティックベースのミニマルハウス「Hush Hush」、『9 WAY TICKET』の収録曲「Airplane Mode」を手掛けた元PRISTINのソンヨン(Shannon)が再び参加した楽器のハーモニーが印象的な「0g」などが収録されています。

タイトル曲「DM」は、JYP所属の作曲家イウミン “collapsedone”が参加した、おぼろげな雰囲気のコード進行とファンキーなベースラインが際立つポップジャンル曲で、サビで一気に爆発するカタルシスが印象的です。最初タイトル曲の名前を見たときは「DM(ダイレクト・メッセージ)か〜なんか大人な雰囲気だなー」って勘違いしてたんですが、なんてことはない歌詞にも登場する“Doesn’t Matter(問題ないよ)”の略でした。

細かい演出等は、当YouTubeチャンネルでもリアクションしていますので、未見の方はご覧いただけると嬉しいです。

動画にて触れていない点でいえば、リリース当日「DM」はBugs!のリアルタイムチャート1位、18日のデイリーチャートでも2位を記録し、好調な滑り出しです。

fromis_9は2018年1月デビューということで5年目を迎える中堅で、メンバー全員が成人(18歳)を迎えた中堅グループです。マンネのジホンが成人なんて、時の流れを感じずにはいられませんがfromis_9というグループがようやく陽の目を見始めたこともあり、本領発揮の2作目というオールドルーキーという捉え方もできます。

契約期間を考えると、花道を歩む時間は限られていますがfromis_9ならきっとやってくれるでしょう。それだけのモノは持ってるはずです。

ただ一つ心配なのは、移籍先のPLEDISが結構所属アーティストに過労を強いたり、急に放置したりする癖がある悪評も高い事務所なので、忙しすぎて壊れてしまうことだけが心配です。

今はまだ、報われたことへの喜びが勝り、突っ走ることもできるでしょう。

そのブーストが尽きた時、それでも笑顔で“Doesn’t Matter(問題ないよ)”と言ってくれたらflover冥利に尽きるってもんです。

最新情報をチェックしよう!