ALL YOU NEED IS KPOP!

【NATURE】このままじゃ終われない【RICA RICA】

うーん…

困った

これは、まずいぞ…。

という事で1月24日(月)にリリースされたNATURE(네이처/ネイチャー)の「RICA RICA」です。

NATURE
(네이처/ネイチャー)

チェビン/ユチェ/ソヒ/ルー/オーロラ
ハル/セボム
所属事務所:n.CH Entertainment
レーベル
GENIE MUSIC/Stone Music Entertainment
ファンダム:리프 (LEAF/リーフ)
HP / Instagram / Twitter
facebook / YouTube / VLIVE / TikTok
HP(JP) / Instagram(JP) / Twitter(JP) / YouTube(JP)

「RICA RICA」は2020年6月17日にリリースされた3rdシングル「NATURE WORLD: CODE M」(タイトル曲「어린애 (Girls)」)以来1年7ヶ月ぶりのカムバで、アルバムにはタイトル曲「RICA RICA」の他、長い間待ってくれたLEAF(ファンダム)に向けて感謝の気持ちを伝える「버팀목 (Dear Leaf)」の2曲入りですが、“4thシングル”ではなく“1stスペシャルシングル”という括りになっています。

【NATURE】揺れる9or8or7or6【Girls】

私はこれまでNATUREというグループに大きな期待をかけてきた1人ですが、冒頭に「これはまずい」と書いたのはいくつかの理由があります。

まず「RICA RICA」がリリースされる前にちょっとした前フリがありました。その始まりがNATUREの公式インスタに投稿された「네이처 이대로 망할 수 없다(NATURE、このままでは終われない)」という文言です。現在は削除されていますが、直前には「fromis_9のカムバ曲・DMは元々NATUREが録音済みの曲だった」という噂もあり、それに対しての声明的なものではないかという憶測まであったのです。これは結局studio lululalaが制作する全4話からなるモキュメンタリー「네이처 이대로 처 망할 수 없다’(NATURE、このままやめるわけにはいかない)」の予告で、「カムバ出来ないなら自分たちで自主制作しよう」という内容になっています。

EP.1

EP.2
EP.3 EP.4

モキュメンタリーというのはフィクションをドキュメンタリーのように見せる演出方法で、番組内ではグループの未来を占い師に聞きに行ったり、作曲家に楽曲依頼に行ったり、振り付けを決める過程などが描かれており、最後は自分たちで撮影したMVを事務所の職員と一緒に観て終わるのです。
モキュメンタリーというと、過去にJUST MUSIC所属のラッパー・GIRIBOYがZion.Tのプロデュースの元「농담처럼(Just Kidding)」というシングルをリリースする過程で、M2の芸能プログラム「곡FARM!」の企画として同様の手法が取られています。

この「곡FARM!」ではZion.Tがプロデューサーとしてバラードソングを歌ってくれる歌手を探す為に様々なアーティストにオファーをかけるもことごとく失敗しGIRIBOYに辿り着くという内容ですが、そのGIRIBOYが「宇宙に行ったり、壮大な戦闘シーンがあったり、500人のバックダンサーを従えて踊るMVを撮りたい」などと無茶振りをしつつ、最終的には楽曲・MV共にその茶番劇を逆手に取ったエモい仕上がりになっています。

一方の「NATURE、このままやめるわけにはいかない」ではユン・ミョンソン(윤명선)という作曲家が「RICA RICA」を提供した事になっており(実際クレジットされているのは(G)I-DLEなどの楽曲を数多く手掛けてきた빅싼초 (Yummy Tone)など)、振り付けではアフリカ・コートジボワールのグロ族の伝統的な舞踊「Zaouli」がサビで取り入れられていますが、その楽曲や振り付けにメンバーが難色を示す演出がありながら、結局はそれがそのまま「RICA RICA」で使われているのです。
これだとダメじゃない?このアプローチをするなら、楽曲と振り付けは明らかに素人が作ったようなしょぼいもので、それをNATUREのメンバーが試行錯誤して今回の「RICA RICA」に持っていくという流れでなければ成り立たないですし、ユン・ミョンソンが“微妙な楽曲を作った作曲家”という描かれ方や、女性の美へのオマージュとされている伝統的なZaouliをコミカルな感じにしているのも配慮のないおふざけという感じで良い気がしません。
しかもメンバーが「カムバ出来ないから自主制作したい」と申し出る事から始まる訳ですが、そこに登場する事務所の代表取締であるチョン・チャンハン(정창환)は「やっていけるのか心配ですね」などとのたまうのです。

ちょっと待て。モキュメンタリーとはいえ、そもそものきっかけを作ったのは一体誰のせいなんだとつっこまずにはいられません。
衣装やメイクも最近いくつかのグループが取り入れているオリエンタルアプローチで、これも下手したら文化の盗用と言われかねず、そういったスタイリングなども含めて笑顔でZaouliを踊るメンバーを見ているとどこか切ない気分になってくるのは私だけでしょうか?

まだあります。「NATURE、このままやめるわけにはいかない」には出演していたロハが負傷のためという理由でティーザーとMVには不参加、マンネのサンちゃんことサンシャインはノーアナウンスで完全不参加など、2018年にリリースされた「썸 (You’ll Be Mine)」の後続曲「꿈꿨어 (Dream About U)」以降、相変わらずフルメンバーでの活動が出来ていない状況です。

ついでに言うと、「RICA RICA」はMAKESTARというクラウドファウンディングで制作されたので“スペシャルシングルアルバム”になっていると思われるのですが、1月19日の開始から2月8日まで設定された期間の現時点(1月30日)でまだ目標金額に届いていません。

MV再生回数もかつては3日で300万という数字を叩き出していたにも関わらず、「RICA RICA」は公開から6日が経とうというのにオフィシャルと1theKを合算しても100万回に届かず。

これで「まずい」と心配になるのは当たり前のことなのです。

と、今回は珍しく色々とボロクソに書いていますが、もちろん彼女たちに非があろうはずもなく、その元凶は言わずもがなです。

幸いにも曲自体は良いと思いますし、ロハもカムバステージやリレーダンスなどでは復帰しています。

だからこそ、やっぱりNATUREはこのままじゃ終われないんですよ!

しっかりしろn.CH Entertainment!!

最新情報をチェックしよう!