ALL YOU NEED IS KPOP!

【PENTAGON】本物の証明【Feelin’ Like】

1月24日、PENTAGONが11thミニアルバム『IN:VITE U』をリリースし、タイトル曲「Feelin’ Like」のMVを公開しました。

PENTAGON
(펜타곤/ペンタゴン)
ウソク/シンウォン/ユウト/イェナン
ヨウォン/ジンホ/キノ/ホンソク
CUBE ENTERTAINMENT
TwitterInstagramFacebookYouTubeYouTube(PENTAGONVEVO)VLIVE

【PENTAGON】最❤️高の置き土産【DO or NOT】

PENTAGONのラストリリースは、リーダー兼メインボーカルでグループの中心的存在フイの入隊直後である2021年3月15日にリリースされた11thミニアルバム『LOVE or TAKE』で、10ヶ月ぶりというPENTAGON史上最も長いブランクということになります。

そのカムバックでは、タイトル曲「DO or NOT」で韓国の主要チャートの一つであるgenie Musicのリアルタイムチャート1位を獲得しました。その前作『WE:TH』のタイトル曲「데이지(Daisy)」ではSBS『THE SHOW』で音楽番組初の1位を獲得し、2作連続で快挙を成し遂げました。

そんなこんなで赤○人気急上昇中だったPENTAGONではありますが、フイと並び、グループの精神的主柱である長兄でメインボーカルのジンホも入隊中ということもあり、残念ながら小休止に突入かと思われました。

しかしながら8月18日に、末っ子ラインであるユウトキノウソクによるデジタルシングル『Cerberus』をリリースし、世界10地域のiTunesトップソングチャートやBugsのリアルタイムチャートで1位獲得するなど健在ぶりをアピールしました。

ちなみにこちらはユニットでのリリースとなっていますが、名義はあくまでPENTAGONということになっています。三人は作詞・作曲にも名を連ねており、ほとんど三人の作品と言っても差し支えありません。

ユウトはその後もMnet Japanで初となる冠番組「PENTAGON ユウトのはじめてソロキャンプするンデ!」に出演するなどソロとしても活躍しました。

10月10日にはデビューから5周年を迎え、嬉しい出来事の連続に寂しさが紛れていると、11月の半ば遂にジンホが復帰を果たし、PENTAGONは再び8人体制となります。フイ入隊後はキノが臨時リーダーを務めていましたが、現在はジンホが務めているようです。

そして2021年の年末に今回のアルバム『IN:VITE U』のリリースが予告されます。

ワーカホリックなフイのことなのでワンチャン曲を残して入隊してるかもと思いましたが、公開されたトラックリストにその名はありませんでした。フイがPENTAGONのアルバム楽曲に参加していないのは2ndミニアルバム『Five Senses』だけということもあり、不安と期待が入り混じる内容となりました。

タイトル曲の作詞には除隊したジンホ、二人が不在中に大きく成長を遂げたキノの名があり、作曲にはKポップ有数の人気プロデューサー、ライアン・チョン、Kristin Marie、Vegard Hurum、Jop Pangemananという面々が名を連ねました。

メンバーがタイトル曲の作曲に携わっていないのも3rdミニアルバム『CEREMONY』のタイトル曲「예뻐죽겠네(Critical Beauty)」以来、4年7ヶ月ぶりということで、こちらも異例な形となりました。

そして1月24日、ハイライトメドレー&ティザーでも盛り上がっていた期待は現実のものとなりました。

イントロから強い中毒性を誇るポップとR&Bが調和したタイトル曲「 Feelin’ Like」は、キスによって生まれ変わったギリシア神話から引用された直情的なラブソングで、新たなPENTAGONの姿を披露しました。これまでとは異なるセクシーでクールなパフォーマンスは直感的なかっこよさがあり、これまで以上のヒットを予感させるものでした。

リリース日には、Bugsのリアルタイムチャートの1〜6位をアルバム曲が占めるというグループ初の快挙を成し遂げ、MVも33時間で1000万再生、80時間で2000万再生と、こちらもPENTAGON史上最高の記録を打ち立てました。ちなみに現在(2月8日)は約2800万再生でまもなく3000万再生に届こうとしています。

そして2月4日放送のKBS『MUSIC BANK』では、なんと地上波音楽番組で初の1位を獲得したのです!

PENTAGONは2022年に7年目を迎えるベテランとも言えるキャリアで、実力者として知られながらも長らく苦労してきました。キャリア晩年に差し掛かり『THE SHOW』でようやく音楽番組初の1位、そしてチャート1位とようやく結果を残せるようになってきたところで、主軸二人の入隊と、韓国成人男性の義務とはいえ勿体無いと思わざるをえませんでした。

それがここにきて地上波音楽番組での1位獲得!それまでの功績も素晴らしいものでしたが、地上波での1位はPENTAGONの人気が本物であることを証明しました。しかもフイ不在という余力まで残しているのですから、さらなる飛躍を期待せずにはいられません。

PENTAGONを好きで良かった!私はこの曲を生涯忘れることはないでしょう。フイのためにも、絶対もう一度地上波音楽番組での1位を果たすことを願っています。

PENTAGON!
心から、本当におめでとう!

最新情報をチェックしよう!