ALL YOU NEED IS KPOP!

【EPIK HIGH】天上天下、唯三人のみ尊しと為す【Epik High Is Here 下】

2月14日(月)、2MC&1DJのヒップホップグループ・EPIK HIGH(에픽하이/エピック・ハイ)が10thフルアルバム「Epik High Is Here 上」のPart2となる「Epik High Is Here 下」をリリースしました!

EPIK HIGH
(에픽하이/エピック・ハイ)
TUKUTZ/MITHRA/TABLO
所属事務所:아워즈(OURS)
海外エージェンシー:WME
ファンダム:HIGH SKOOL
HP
YouTube / SOUNDCLOUD / facebook
TABLO
Instagram / Twitter / facebook / YouTube
TUKUTZ
Instagram / Twitter
MITHRA
Instagram / Twitter

いやー、ついにですよ。もう一度書いておきましょうね。“ついに”リリースです。

というのも「Epik High Is Here」は記念すべき10枚目のフルアルバムという事もあってPart.1とPart.2という2部作となる事が予定されていましたが、そのPart.1である「上」のリリースは2021年1月18日。

「下」までほぼ1年!長かったー!まさかそれほどスパンが空くとはよもやよもやだ。

【EPIK HIGH】復活のシナリオ【Epik High Is Here 上】

とはいえ「上」から5ヶ月後となる6月29日には「비 오는 날 듣기 좋은 노래」を、10月25日には「Face ID」という2つのシングルを先行リリースしております。
ちなみに「Face ID」は制作後にアルバム構成を変えた事で雰囲気に合わないという理由から個別のシングルとしてリリースされましたが、最終的にはアルバムに収録され結果的に先行公開曲となっています。
更に付け加えると、トラック自体はTUKUTZが8年前に作ったものを元にしており、フィーチャリングとして参加しながら現在軍に服務中であるSik-Kのパートはすでに2年前に録音済だったそうです。

비 오는 날 듣기 좋은 노래 (Rain Song) ft. Colde
Face ID ft. GIRIBOY, Sik-K, JUSTHIS

さて、「上」には元2NE1のCL、ZICO、Heize、キム・サウォル、ウ・ウォンジェ(Woo)、Nucksal、CHANGMO、Miso、GSoul、B.Iというとんでもなく豪華なフィーチャリングアーティストがアルバムを彩っておりましたが、今回もゴイスーです。

先行公開されていた2曲にはR&Bデュオ・offonoffのボーカルとしても活動しているシンガー・Colde (콜드)に、GIRIBOY、Sik-K、JUSTHIS、タイトル曲「그래서 그래」には日本での活動歴もあるソロシンガー・ユナ(윤하/Younha:日本ではユンナ名義)、収録曲にはヒップホップサバイバル番組・SHOW ME THE MONEYのシーズン10でブレイクを果たしたWonstein、pH-1、イ・ハイ、10年以上のキャリアを持つソロシンガーのキム・ピル(김필/Kim Feel)という面々が参加しています。

そして前回はダブルタイトル曲「내 얘기 같아 (Based On A True Story) ft. Heize」「Rosario ft. CL, ZICO」のMVの他に「Epik High Is Here 上 (Part 1) DOCUMENTARY」と「Lesson Zero Official Visualizer」という計4本の動画が公開されていましたが、今回はアルバムリリース前日に「Super Rare ft. Wonstein, pH-1 Official ART MV」、当日にはタイトル曲「그래서 그래」のMVとOfficial LIVE MVが公開されております。

Super Rare ft. Wonstein, pH-1 Official ART MV
그래서 그래 feat.ユナ Official LIVE MV

それとちょっと面白い、というか珍しいと思ったのがフィジカル(CD)の販売形態です。まずは以下のスクショをご覧ください。

こちらはタワレコに載っているCDの表記です。ただし「下」は「下」にあらず。それはなぜかと言えば、「下」は「上」「下」あわせた全22曲が収録されていて、実際は「Epik High Is Here」というタイトルのアルバムなのです。にも関わらず値段はほぼ同じ。Kポアイドルを引き合いに出すと、アルバム1枚分の新曲が追加された不思議なリパケとも言えるフィジカルになっている訳です。ちなみにサブスクでは12曲のみが配信されています。

そんな訳でこの販売形態とかフィーチャリング勢とか完成度とか、もうとにかく色々と規格外で凄い。1年待たされた、いや、待った甲斐があるってもんです。

やっぱりエピカイしか勝たんのだな。


追記:

アルバムリリース後の15日には「Here + Prequel LIVE MV」が、18日には「가족관계증명서 ft. キム・ピル LIVE MV」の動画が公開されました。

Here + Prequel LIVE MV
가족관계증명서 ft. キム・ピル LIVE MV
最新情報をチェックしよう!