ALL YOU NEED IS KPOP!

【ITZY】裏切らないボルテージ【Voltage】

3月23日0時(JST)、ITZYの日本初のオリジナル曲「Voltage」のMVが公開されました!

ITZY
(있지/イッジ)
リア リュジン ユナ チェリョン イェジ
JYP Entertainment ITZY OFFICIAL SITE
Twitter  Twitter 
Instagram Instagram
TikTok TikTok
YouTube YouTube
Facebook
VLIVE

ITZYは、それまでのタイトル曲を収録したデジタル配信『WHAT’z ITZY』で2021年9月1日で日本デビューを飾り、12月22日には、『WHAT’z ITZY』に収録された曲に同曲の日本語ver.を加えた日本デビューベストアルバム『IT’z ITZY』をリリースしてきました。

【ITZY】日本声というイルデの魅力【WANNABE -Japanese ver.-】

ただ、それらは全て本国でリリースされたものの焼き直しで、オリジナル曲としてはこの「Voltage」が初ということになります。「Voltage」は、4月6日にリリースの1stシングル『Voltage』の先行配信で、他には「Spice」という曲と、両曲のインストが収録される予定です。

Voltage」は、ラップをベースにロックサウンドが加味されたスピーディーでエネルギッシュな楽曲となっており、ITZYのエネルギーを“Voltage”に例え、みなぎるエネルギーと共に堂々と前に進んで行きたいという想いが込められているそうです。TWICEと同様のパターンであれば、韓国語ver.も後程本国のアルバムに収録される可能性は高く、TWICEの曲も多く手がけている日本人作曲家Mayu Wakisakaが作詞を務めています。

「Voltage」
作詞:Mayu Wakisaka
作曲:Ayushy・Charlotte Wilson・Frankie Day・SELAH・THE HUB 88

イェジ リア リュジン チェリョン ユナ


甘くみないで Just a girl
No way no way no way
本気を出したら Shake the world
世界観 Upside down
Yeah 心の奥には Fever
抑えきれないかも
Calm down calm down でも
爆発しそう
Boom Boom Pop

揺れ出すグラグラとYou can’t take control
Getting so hot 今気付いたんでしょ?
Temperature up
Temperature up
Ah ジリジリ聞こえてくるわ Fire alarm

Hot Hot Hot Hot
上がるわ Tension
もうすぐ形勢逆転ね ゾクゾク
Like a dynamite
火がついたら止めらんない

My senses
目覚めたように
Tell me can you feel me blowing up up U-U-U-Up

Boom ついに完全爆発 My voltage up
出口見つけたわ Power
赤い電光のPanorama
You can’t escape 覚悟決めて You can’t say no
私の情熱に飲み込まれたら

Boom Boom Pow blowing up
Bring my voltage up
Boom Boom Pow burning up
Bring my voltage up
Hot damn 行きたい方向へ Go straight
今、目かがやかせ
未来を目指すの
Ah I wanna see you all burn up

Hot spot
That’s where I’ll be
私歩くだけで You can feel the heat
冷めた目つき
Just one look
見て見ぬ振り
But you’re hooked

Tick Tock Tick Tock
聞こえる Timer
溢れる Passion 逃げられっこないわ
Just like a grenade
火がついたら燃えるだけ

High fever
振り切れたように
Tell me can you feel me blowing up up U-U-U-Up

Boom ついに完全爆発 My voltage up
出口見つけたわ Power
赤い電光のPanorama
You can’t escape 覚悟決めて You can’t say no
私の情熱に飲み込まれたら

Hot damn 行きたい方向へ Go straight
進め At the speed of light
Always 全て自分で決めたことだから OK
Hot damn ためらって止まったなら時間が無駄
未来を目指すの
Ah I wanna see you all burn up

Wake up call
本能
覚醒の時が来た
With my eyes open wide
焼きつけるわ
I’ll put the world on fire

Boom 高く燃え上がるわ My voltage up
周り巻き込むアルファ
一分一秒が正念場
You can’t cool me 熱したら冷めない Type no no
灼熱の世界
ひき込まれたら

Boom Boom Pow blowing up
Bring my voltage up
Boom Boom Pow burning up
Bring my voltage up
Hot damn 今すぐ世界
揺るがすほどの衝撃
未来を目指すの
Ah I wanna see you all burn up


仕様もTWICEのシングル同様、限定盤2種と通常盤、ファンクラブ限定盤という4種になっています。

初回限定盤A 【CD+DVD】
品番:WPCL-31951/2 価格:2,000円(税込)
<DVD収録内容>
「Voltage」Jacket Shooting Making Movie
ITZYメンバーのQ&A

・スリーブケース仕様
・初回限定盤Aオリジナルトレーディングカード1枚ランダム封入(全5種)
・特典応募シリアルナンバー1枚封入
・歌詞ブックレット16p

初回限定盤B 【CD】
品番:WPZL-13372 価格:1,900円(税込)
・「Voltage」オリジナルチェンジングジャケット(ソロ写真両面デザインジャケット×5人分)封入
・初回限定盤Bオリジナルトレーディングカード1枚ランダム封入(全5種)
・特典応募シリアルナンバー1枚封入
・歌詞ブックレット12p
通常盤 【CD】
品番:WPCL-13373 価格:1,300円(税込)
<初回プレスのみ>
・通常盤オリジナルトレーディングカード1枚ランダム封入(全5種)
・特典応募シリアルナンバー1枚封入
・歌詞ブックレット4p
MIDZY JAPAN限定盤 【CD】
品番:WPCL-60002 価格:1,500円(税込)
・MIDZY JAPAN盤オリジナルホログラムトレーディングカード1セット[2枚]ランダム封入(全5セット)
・特典応募シリアルナンバー2枚封入
・歌詞ブックレット8p
<チェーン別オリジナル特典>
・タワーレコード:クリアトレカ(全5種よりランダム1種)
・HMV:クリアしおり(全5種よりランダム1種)
・TSUTAYA:A4クリアファイル
・Amazon:メガジャケ(形態別、全3種)
・楽天ブックス:チケットホルダー(全5種より、ランダム1種)
・セブンネットショッピング:アクリルバッジ(形態別、全3種)
・その他一般店:ポストカード
※一部特典の付かない店舗/ECショップあり、詳しくはご予約のお店まで。
<ITZY JAPAN OFFICIAL SHOP:MIDZY JAPAN会員限定特典>
・B3ポスター(全5種よりランダム1種)
・収納BOX(1種)※4形態セット購入特典

※詳細はこちら(特設サイト)


前作『IT’z ITZY』の先行公開曲「WANNABE -Japanese ver.-」では、メンバーの声の魅力を再発見できることがローカライズにおける利点だと締めくくりました。

それは本作「Voltage」でも、同様に楽しめるポイントで日本語という言語の特性なのかボーカルひとつひとつの輪郭がはっきりしているように聴こえます。その点が「Voltage」というエネルギッシュな曲とも相性が良く、弾けるような印象を与えていると思います。歌詞でも「Boom Boom Pow」や「Power」「Up」などタイトルの「Voltage」を含めパ行やバ行など躍動感を感じる言葉が多く使われており、Mayu Wakisakaの作詞にも配慮が感じられる出来栄えとなっています。

TWICEは、日本デビュー(2017年)の際に本国よりもだいぶファンの対象年齢を下げたアプローチで勝負しました。そこには日本の新たなK-POPファンを開拓しようという狙いもあったかと思います。そしてその裾野は広がり、TWICEがターゲットにしていた年齢層にはNiziUがいます。

Voltage」からは、TWICE、NiziUよりも少し上の層で、本国とはあまり年齢差がないターゲットを狙っているような印象を受けました。そこには日本のK-POP市場が2017年より成熟したことや、ファン層としての棲み分けを考えてのものだと思います。

MIDZYにとってアーティストのカラーを変えすぎないというのは、日本デビューにおける不安をひとつ解消したと言えるでしょう。それでいて、本国では見られなかったITZYの姿を披露してくれたことは、大満足の日本デビューと言って差し支えないでしょう。

最新情報をチェックしよう!