ALL YOU NEED IS KPOP!

【CSR】十七歳からの地図【Pop? Pop!】

「いやー、ないんじゃないかなー」

これは昨年、とある業界関係者の方3人とお話しする機会があったので、ここ数年ガルクラがメインとなっているヨジャグルシーンに関して、今後またLOVELYZやヨチンのようないわゆる清純派グループは出てくるのか?という問いに対し2人の方が口を揃えて言った言葉です。
この時は今の時代性を考えればまぁ仕方のない事だよなぁと思っていたのですが、一方でファッションでもなんでも歴史は繰り返されるものなので、清純派大好きな私としては「とはいえきっといつか再びその時はやってくるはずだ」と未来に希望を託したのです。

しかしそれから1年も経たずして、早くも“その時”はやって来ました。


(チョッサラン / CSR)
クムヒ / ユナ / ドゥナ / スア / ソヨン / シヒョン / イェハム
所属事務所:POPMUSIC
ディストリビューター:kakao Entertainment
Instagram / Twitter
facebook / YouTube / TikTok
スア
(수아 / SUA)
ユ・スア (유수아 / Yoo Sua)
2005年7月23日
大韓民国 🇰🇷 京畿道安養市
B型
リーダー、メインダンサー
MBTI:ESFP
オブジェ:🌈
クムヒ
(금희 / GEUMHEE)
ハン・クムヒ (한금희 / Han Geumhee)
2005年3月4日
大韓民国 🇰🇷 京畿道仁川市
B型
ラッパー
MBTI:ISFP
オブジェ:🏓
シヒョン
(시현 / SIHYEON)
ファン・シヒョン (황시현 / Hwang Sihyeon)
2005年3月12日
大韓民国 🇰🇷 京畿道議政府市
B型
MBTI:ENTJ
オブジェ:🍦
ソヨン
(서연 / SEOYEON)
アン・ソヨン (안서연 / Ahn Seoyeon)
2005年3月26日
大韓民国 🇰🇷 京畿道富川市
O型
MBTI:ENFP
オブジェ:🌻
ユナ
(유나 / YUNA)
飯村柚那 (イイムラユナ / Iimura Yuna)
2005年4月23日
日本 🇯🇵
A型
MBTI:ENFP
オブジェ:🦋
ドゥナ
(두나 / DUNA)
カン・ドゥナ (강두나 / Kang Duna)
2005年4月28日
大韓民国 🇰🇷 江原道原州市文幕邑桐華里
164cm / A型
MBTI:INFP
オブジェ:🍀
イェハム
(예함 / YEHAM)
ク・イェハム (구예함 / Goo Yeham)
2005年10月7日
大韓民国 🇰🇷 京畿道平沢市
A型
メインボーカル
MBTI:INTJ
オブジェ:🎨

という事で7月27日(水)、7人組ヨジャグル・첫사랑(チョッサラン)が1stミニアルバム「Sequence : 7272」(タイトル曲「첫사랑 (Pop? Pop!)」)をリリースし、デビューを果たしました!
グループ名の「첫사랑」は「初恋」という意味で、英語名の「CSR」は“첫사랑”それぞれの初声をアルファベットに置き換えたものです。
メンバーの7人は元々LUNARSOLARのいたJ PLANET ENTERTAINMENTの練習生として「05클라쓰(05クラス)」という練習生コンテンツをYouTubeとTikTokにアップしていましたが、2021年11月からマネジメントが現所属事務所であるPOPMUSICへと移り、今回のデビューへと至っています。
なお、「05클라쓰(05クラス)」にはサバイバルオーディション番組・放課後のときめき出演者のチェ・ユンジョンと4人組ヨジャグル・FLORIA(플로리아 / フロリア)でデビューしたソナというメンバーもいましたが、現在は첫사랑メンバーが出ている動画に限り「CSR_LOG」として첫사랑オフィシャルYouTubeで観ることが出来ます。

さて、2019年にBLACKPINKが欧米で大成功を収めた事をKポップシーンにおける近年の時代背景の主軸として捉えた場合、一方では2010年代から始まった第四波フェミニズムの流れも汲んで長らく続いていた男女間の不平等さを是正すべく世界各地でジェンダー平等を推進する動きがより活発になっていくのです。前記した欧米での成功はBLACKPINKというグループの見せ方とそういったジェンダー平等を標榜する時代が求めるものとしてマッチしていた事を意味する訳ですが、以降は多くの事務所が同様の成功を最優先事項とし、元々概念であったはずの「ガールクラッシュ」を音楽的にもコンセプト的にもスタイルとして解釈し、所謂“ガールクラッシュコンセプト”が乱立しました。

韓国国内だけではマーケットが狭すぎるKポップというジャンルがより大きなマーケットを求めて海外進出を図るというのは当然ですし、その為に「ウケるガールクラッシュ」を選択する事務所の戦略も理解は出来ます。
そういった流れを踏まえれば、スカートをヒラヒラさせながら“可愛らしい女の子”を全面に打ち出したスタイルが時代の流れによってほとんど淘汰されてしまうのも自然な事ではあります。
しかしスタイルとアティチュードは違いますし、それこそ多様性を真に正しき事として考えるならば、アイドルの見せるコンセプトもまた多様でなければならないと思うのです。
とはいえその「ガールクラッシュコンセプト」も「STAYC / ASAP」のヒットにより徐々に変化を見せ始めたというのが私個人の見解です。

その後IVE、NMIXX、LE SSERAFIM、そしてNewJeansという大手事務所からデビューしたグループも、それぞれがステレオタイプなガルクラではない見せ方をもってシーンに登場した事は、また新たな潮流が始まった証とも言えるのではないでしょうか。
その新たな潮流はある意味ガルクラの反動とも考えられ、Girls Planet999出身のリリカ(岸田莉里花)、ハナ(早瀬華)、アラ(イ・ユンジ)、ロナ(チャン・ジン)擁するILY:1が正式デビュー前にARIRABG K-POPで披露した先行公開曲「Azalea (아젤리아)」が清純派コンセプトリバイバルのスタートを切った楽曲だと見ることが出来ます。

とまぁ今回の첫사랑デビューに至るまでの流れを個人的な解釈も踏まえて大まかに書いてみた訳ですが、もっと簡単に言ってしまえば予想よりも遥かに早く“時代が一周した”というだけの事なんじゃないかと思います。
とはいえ厳密に言えば同時に進化も起こっているので、まんま”あの時の清純派”の焼き直しではないんですが、いずれにしてもこの流れは大歓迎なのです。
また、私がこのグループに期待するのは彼女たちのコンセプトだけではありません。첫사랑の最大の特徴とも言えるのが、メンバー全員が17歳という事です。これは若さ云々の話ではありません。例えばグループ内での年齢差が大きいほど見せ方によってはコンセプトに少なからず歪みが生まれてしまうところ、彼女たちにはそれがないのです。そして「17歳からスタートして毎年変わる少女たちのストーリーを展開し、成長する少女たちの姿と初恋という感性に対する様々な解釈を見せる予定」という事務所の展望は“同年齢のメンバー”である事が今後より説得力を伴ってくるのです。

人は誰もが平等に子どもから大人へと成長していきます。だからこそ清純派コンセプトには、いずれ過ぎ去っていってしまう時間というものを、その時だけの姿で表現するという大きな役割があると思っています。
アルバムタイトルにもある「7272」は「ピピっとくる」という意味を持つ「찌릿찌릿(チリッチリッ)」をハングル読みの「7(チル)2(イ)」にかけたものです。
17歳から始まった彼女たちの新たな世界は、Kポップアイドルシーンという地図上で来年、そして再来年とどのような変化を見せてくれるのか。
まずは今の時代だからこそ、より多くの人に「찌릿찌릿(チリッチリッ)」と来る事を期待しています。

最新情報をチェックしよう!