ALL YOU NEED IS KPOP!

【MATZ】”変わらないもの”と”変わリゆくもの”【STAY feat. SURAN】

7月27日(水)日本の次世代のダンスミュージックシーンを背負うプロデューサーMATZがメジャーデビュー・シングルとして、K-POPシンガーのSURANを客演に迎えた「STAY feat. SURAN」をリリースしました!

MATZ
(マッツ)
オフィシャル・サイト
Instagram
Twitter
Facebook
SoundCloud
YouTube

MATZは、日本テレビ系「スッキリ」でも特集企画になっていたボーイズグループ発掘オーディション『THE FIRST』から誕生したアーティストグループBE:FIRST、数多くの人気Vtuberを擁するバーチャルライバーグループにじさんじ、10代女性のカリスマシンガーソングライター加藤ミリヤなど、幅広いアーティストへ楽曲提供している新進気鋭の人気音楽プロデューサーです。

北海道出身のトラックメーカー兼DJで、エレクトロ・ダンスミュージックから影響を受け、15歳よりPCで楽曲制作を開始しました。SoundCloudに公開されたオリジナルトラックが様々なDJから注目を集め、2016 年にアメリカ・マイアミで開催された「Ultra Music Festival」に出演しました。最先端のデジタル・クリエイティブを取り入れたスタイルと世界水準の強度を持ちながらも繊細さを兼ね備えたサウンドは聴くものを魅了すると高い評価を得ています。

2017年7月7日にリリースしたデビューEP『Composite』収録のリード曲「I See You feat. Ruby Prophet」はiTunesのダンスシングルチャートで2位を獲得し、Ultra Japanにも2年連続出演を果たすなど活躍を見せ、日本人で初めてイギリスのレーベルEnhanced Music、さらにイタリアのMedia RecordsからRemix楽曲をリリースしました。

日本国内でもKEMIOSKY-HIKizuna AIなどの楽曲プロデュース、MACO和田アキ子倖田來未らのリミックス、TGC(東京ガールズコレクション)の公式コンピレーションに参加し、DJとしても出演するなど、多様なジャンル、年齢層、性別を超越した活躍を見せており、日本のエレクトロシーンを牽引する存在として注目されています。

そのMATZが初のメジャーリリース曲として客演に迎えたのが、韓国内外で人気を誇る実力派のシンガーソングライターのSURANです。

SURAN
수란/スラン
Instagram
Twitter
Facebook
VLIVE
YouTube

SURANは元々Baily Shooという芸名でインディーズの音楽活動を行なっており、2010年にアーバンR&Bジャンルのアルバムをリリースして注目を浴びるようになります。そのことがきっかけで複数のドラマOSTと多数のヒップホップ・アーティストからフィーチャリングのオファーを受けるようになります。

2014年にEffyと組んだデュオ「LODIA (로디아)」(当時の芸名はELENA)でエレクトロジャンルの「I GOT A FEELING」をリリースしたことで、SMエンターテイメント傘下のヒップホップレーベルMILLION MARKETの目にとまり、多様な音楽性を持ったソロ・シンガーSURANが誕生しました。

2015年には人気ラッパーのBeenzino(ビンジノ)をフィーチャリングに迎えた「Calling in Love」、2016年にはMAMAMOOのファサを迎えた「DDANG」をリリースし注目を浴びると、2017年にはBTSのSUGAがプロデュースしたことでも話題なった「WINE(오늘 취하면) (Feat. CHANGMO)」で自身初となる音源チャート1位を獲得します。

同年には同曲が収録された1stミニアルバム『Walkin’』をリリースし、韓国の主要音楽賞3つにノミネート・内2つを受賞します。その後はJTBCのサバイバル番組『MIXNINE』でのボーカル・トレーナーや、Mnetで配信されたジャンルを超えた実力派アーティストのコラボレーション番組『The Call』などにも出演するなど多くの活躍を見せ、ミュージシャンとしても2017年には2ndミニアルバム『Walkin’』をリリース、2020年にはMILLION MARKETを離れますが、S+TASYという自社レーベルを立ち上げ、2022年には3rdミニアルバム『FLYIN’ PART1』をリリースしています。

SURANの過去記事はこちら

SURANはビブラートの効いたハスキーな声質が特徴的な唯一無二の声質を持ったアーティストです。また「CDを飲み込んだような安定感」とも称される圧倒的な歌唱力を持ち合わせており、韓国ではインディー・メジャー問わず数多くの実力派アーティストからコラボを望まれる存在です。

そんなMATZSURANがタッグを組んだ「STAY feat. SURAN」は、MATZ自身のルーツであるダンスミュージックをポップフィールドに昇華したミディアムダンスチューンで、インパクトと中毒性が抜群の刹那さを感じる夏にぴったりのラブソングとなっています。

MATZコメント
ユニバーサルミュージック+81musicからデビュージングル MATZ – STAY feat. SURANをリリースしました。新しい旅の始まりを自分自身大好きなK-POPシンガーのSURANのボーカルと共に迎えられる事をとても嬉しく思っています。このパンデミックな状況の中でも楽曲プロデュースを数多くやらせて頂き、そこで得たインスピレーションが濃くでている楽曲です。今、時代はとてつもない速度で移り変わりますが、皆それぞれが持つ“変わらないもの”への郷愁をテーマにしています。国境を越えた新たなダンスポップを楽しんでもらえると嬉しいです!

視聴はこちら

日本の次代を担う新進気鋭の音楽プロデューサーと韓国屈指の実力派シンガーとの出会いは、国境を越え、言葉の壁を飛び越えるという音楽の普遍性を体現しました。「STAY feat. SURAN」は新型コロナの脅威に晒され、いまだに閉塞感が拭えない現状に、安心感と突き抜けるような清涼感を運んでくれました。時代に左右されない“変わらないもの”を持った二人の出会だからこそ、聴く人の何かを変える力が宿っているのかもしれません。

最新情報をチェックしよう!